ヒクレレ “弾くれれ”

ちょうどよいへたくそさでやってます

動画でデモ演奏をするとき、私の腕前は、まあそんなに大したことないわけです。

そこが少々気恥ずかしい思いをしながら演奏しているのですが、考えてみれば、お客さんが、

「これなら自分はもっといい音で鳴らせるかも」 とか、

「この程度のウクレレの腕前でもルネサンスギターが楽しめるなら、自分もできるかも」とか、

お客さんのモチベーションを一歩後押しするためには、

このくらいの腕前というのは、ある意味ちょうどよいへたくそさかげんかもしれない、などと思ったりしています。

楽器の音の基本的性質さえお伝えできれば一十舎の第一目的としては十分ですので、あとはお客様が、「これなら自分も楽しめる」と思ってもらえる方が豊かです。

というわけで、大したことのない腕前を引っ提げて、デモ演奏に以前より前向きに取り組んでいる次第です。

RELATED POST