ルネサンスギター

ルネサンスギタースタイルのウクレレ ルネレレ(*´з`)

今からさかのぼること約300年前の1733年、財宝を積載してハバナを出航しスペインに向かっていたニュースペイン艦隊の18隻の商船と4隻の武装ガレオン船がフロリダ沖で嵐に遭遇し、一隻を残して沈没又は浸水しました。この時の沈没船の中の一隻サンフェルナンド号に一本のルネサンスギター(4コース8弦)が積載されており、その残骸が現代になって引き揚げられ、復元図面が作成公開されました。その図面に基づいて製作してみたルネサンスギターがこちらの写真です。

元々ルネサンスギターは今から500年ほど前のルネサンス時代に生まれて18世紀頃まで盛んに使用された、ウクレレの最古の祖先と推測される楽器なわけですが、このスペイン沈没船サンフェルナンド号のギターの復元図面を見ると、ボディの大きさは現代のコンサートサイズウクレレとほぼ同じで、ネックの握り幅も現代のウクレレと同じで、ルネサンスギターとウクレレの歴史的なつながりを色濃く残しているようです。

そこで一十舎では、このスペイン船のルネサンスギターのボディ形状と大きさをそのままに、現代ウクレレの指板を付けて、ウクレレのサドルも搭載し、複弦を単弦にし、ウクレレ化してみました。そしてアクイラから古楽器用として販売されているナイルガット弦(ウクレレ用に販売されているナイルガット弦とは異なります)を張って、古楽器の響きを残すようにしました。全体として古楽器的な軽やかな鳴りを持ったウクレレになったと思います。

(もちろん普通のウクレレ弦を張っても何ら問題なく使用いただけます)

この古楽器スタイルウクレレに愛称を付けるとすれば、 ルネレレ でしょうか?

なかなか心地よい音になりましたので、今後もこの形で製作していく予定です。

なお、このスペイン船のルネサンスギターの詳細についてさらに知りたい方は、こちらにまとめましたのでどうぞご覧ください。→1733年フロリダ沖スペイン沈船にあったルネサンスギター|ルネサンスギターとウスレレのすすめ  一十舎 (Ittosya)

RELATED POST