アトリエ一十舎楽器デモ演奏

1733年フロリダ沖スペイン沈船にあったルネサンスギター

この写真のルネサンスギターは、1733年にアメリカフロリダ沖で沈んだスペイン船で発見されたルサンスギター残骸(ネックと裏板が発見されて外形全体が判明した)の復元図面をもとに作成しました。

1733年と言えばルネサンス時代の次のバロック時代も終盤ですが、このギター自体はルネサンスギターの形式と大きくは変わらないようなのでルネサンスギターと呼んでも間違いではないでしょう。ただ時代的な誤解がないためには単に18世紀前半のスペインの4コースギターと呼んでもよいかもしれません。

このスペイン船ギターの特徴は

①4つのコース全部が複弦で全8弦で構成されます。ルネサンスギターは第1コースだけを単弦にして全7弦で製作されるものが比較的多いので、全コース複弦は特徴のひとつと言えます。下から2番めの弦を外して7弦ギターとして弾いてみると、これもまたよく、どちらの使い方もできそうです。

② ボディサイズがコンサートサイズウクレレとほぼ同じで、かなり小ぶりです。ルネサンスギターには様々な大きさのものが地域的歴史的に存在したようですが、このスペイン船ギターのコンパクトさは船に携行するのにぴったりの印象です。

③ ボディ長に比してネックがかなり長く、全体のコンパクトさと十分な弦長を両立させようとしているようです。ギター残骸自体から弦長は判明せず推測になるのですが、14フレットジョイントにして弦長を475mmにするとブリッジの位置のバランスがよかったので、そのように製作しました。(ブリッジの次第で、可能性としては450mmから480mmの範囲内で作れそうです)

④ ナット直近のネックの握り幅がおよそ35mmであったことがギター残骸からわかるのですが、これは現代のウクレレのネック幅と同じです。ルネサンスギターとウクレレが同じ類型にある根拠のひとつになりそうです。大航海時代以降16世紀から19世紀にかけて、イベリア半島から4コースないし5コースの複弦又は単弦の小型ギターが世界中に拡散しており、長期の船旅に携行される小型ギター類というくくりで見ることもできるかもしれません。(たとえば、ポルトガルからインドネシアにクロンチョンギター、ハワイにウクレレが伝わり、スペインからブラジルにカバキーニョ、ベネズエラとプエルトリコにクアトロが伝わるなど、他にも多くの例があります)

⑤ 1733年のフロリダ沖という時代と場所に着目すると、スペイン、ポルトガル、イギリス、オランダ、フランスなど各国帆船が新大陸の物産を西欧に運び、収奪取引と奴隷貿易が展開した時代終盤の海域でした。ちょうど有名なカリブの海賊が独自の文化を形成していた時代と海域の直近でもありました。当時の帆船内で音楽がどんな位置にあったのかについてこちらに書いたので、興味があれはご覧ください。→帆船における音楽の位置付け バーソロミュー・ロバーツの海賊の掟

⑥ 追加です。このギターが載せられていたスペイン沈船の詳細データがわかったので追加します。こちらをお読みください。→ 1733年ギターのスペイン船サンフェルナンド号 ニュースペイン艦隊

それでは、このギターの音を岩田耕作先生(ハルモニー・セレスト音楽教室)の演奏でお聴きください。☟

まずはナイルガット弦で馴染みの曲

これもナイルガット弦で古楽☟

次はフロロカーボンの釣り糸弦の音☟

 

RELATED POST