ツクレレ “作れれ”

エンドピンを付ける位置

エンドピンの写真二枚の比較なのですが…

一枚目は一十舎のウクレレのエンドピンで、二枚目はフランスで製作されたルネサンスギターのエンドピンです。

エンドピンの取り付け位置が異なっていて、一枚目はサイドの幅の丁度中央に付けているのに対し、二枚目はバック寄りにずらして取り付けています。

どちらがより演奏しやすいのか、今度バック寄りに取り付けたものを作ってみて、使い比べてみたいと思っています。

作り手ひとりひとりがいろんな工夫を随所に凝らしているので、人が作ったものを観察するのはとてもよい勉強です。(*^-^*)