ウクレレの魅力

屋久島の日向野さんの演奏 幻の屋久島民謡 まつばんだ のご紹介

昨日の記事でたくさんのルネサンスギターの現代的演奏を披露して下さった日向野さんは、屋久島の幻の民謡と言われる「まつばんだ」を紹介するYouTube動画の製作に関与されていて、その中でウクレレによるみごとな伴奏を披露していらっしゃいます。

このまつばんだの動画が、すごいんです。曲も、歌も、編曲も、演奏も、画像も、編集も、全部が非常に美しく、屋久島の生命力があふれているようで、鳥肌ものです。まるで、屋久島自体がひとつの生命で、屋久島そのものが歌い奏でているような印象を受けました。是非ごらんください。

いかがでしょうか。すばらしいでしょう。日向野さんのウクレレ演奏も本当によかったですね。

この「まつばんだ」という民謡は、あまりにも歌うことが難しいためか、屋久島でも歌える人がほとんどいなくなり、幻の屋久島民謡などと呼ばれるようになったということです。それがこのようにみごとに生命力にあふれて復興したのは偉業ですね。

ところで、ルネサンスというのは、再生、復活を意味する言葉で、ルネサンス時代は古代ギリシャの精神、生命、文芸を復興させようとした時代でした。まつばんだの復興もまさに古代の生命の復興ですね。昨日の記事でルネサンスギターに現代の生命を吹き込む演奏を披露して下さった日向野さんは、埋もれている古代に生命を与える力をお持ちのようです。

今後もルネサンスギターの現代的な演奏に取り組んでいただけるということで、ルネサンスギターで現代的な演奏をされる方はほとんどいらっしゃらない中、一曲ごとに先駆者で、一曲ごとに古代と現代をつなぐ種まきのように思います。