あれこれいろいろ

スペイン領カナリア諸島に渡った小型ギター ティンプレ

前回のマデイラ島の記事で書いたのが、「大航海時代以降、ポルトガルの補給基地だったマデイラ島にブラギーニャの元になる楽器が渡り、それが後のウクレレに繋がっていった」ということを書きましたが、

そこでハタと思ったのが、じゃあスペインの補給基地だった島にも小型ギターが残ってないだろうか? ということなんです。

スペインの補給基地と言えば、スペイン領カナリア諸島。ここです。→

マデイラ島の南、アフリカ大陸にかなり近いところ。「カナリア諸島 民族楽器」で検索したらすぐに出てきました。小型ギターが残っていまし。これです。☟

名前はティンプレだそうです。これは4弦じゃなくて5弦ですね。コンパクトさはやはり船に携行するのに適した感じ。ネックの握り幅がウクレレよりも広そうです。ラウンドバックですね。指板表面からボディ表板まで段差がない平面です。マデイラ島といい、カナリア諸島と言い、小型ギター型が帆船でかなり運ばれていたようです。

下はティンプレの解説動画を見つけました。GCEADの調弦とのこと。GCEAまではウクレレやルネサンスギターと同じで、そこに高いDを1弦に加えるのですね。☟

ティンブレの演奏は例えばこれです。☟