ウクレレ豆話

ポルトガル領マデイラ島に渡ったブラギーニャ イベリア半島→マデイラ島→ハワイへの移動の流れ

ポルトガル領マデイラ島の4弦楽器ブラギーニャが移民船でハワイに渡ってウクレレになったという、その起点のマデイラ島とはここです。☟

ソース画像を表示

ポルトガル本国から千キロ弱離れて、アフリカ大陸西岸を船で南下する途中にあります。

マデイラ島は1420年にポルトガル船に再発見されてポルトガル領になります。このころは大航海時代が始まった時期で、マデイラ島には食料・水の補給のために多くの帆船が寄港するようになります。サトウキビやブドウが植えられて、砂糖の一大産地になり、若かりし頃のコロンブスも、マデイラ島に砂糖の仕入れに来ていたことがあるそうです。

マデイラ島にはこのように沢山のポルトガル船が往来していたことから、船舶に携行するのに適した小型ギターが日常的にポルトガルからマデイラ島に渡ってきていたのかもしれません。

やがてコロンブスがアメリカ大陸が発見し、南米が砂糖生産の中心になっていくと、マデイラ島はブドウとワイン産地として発展することになります。ところが、19世紀の後半にブドウの木が病気で壊滅状態になり、マデイラワイン産業は大打撃を受けます。マデイラ島からハワイへ移民が渡ったのもまさに19世紀後半の1879年で、このワイン産業の打撃の影響を受けて大規模移民が起きたようです。そしてマデイラからの移民の手でブラギーニャがハワイにわたり、ウクレレに繋がっていくわけです。