ウスレレの魅力

ウスレレという呼び方は適当なんだろうか、という最近のキモチ(゜_゜)?

今、古楽器バージョンウクレレを作っています。写真は塗装乾かし中です。
19世紀のデザインです。
19世紀のデザインでは、ボディは前から見ると今よりずっと細身で、横から見ると今よりずっと薄身です。
その厚みは、私が作っているウスレレとほぼ同じ。

「やっぱりね。この薄いのが元祖だったんだ。こっちがウスレレではなくて、君たちがアツレレなのだよ」

なんて気分で、私はひとり大きく頷くわけです。

この厚みの良さを世の中に知ってもらいたいと思って、「ウスレレのすすめ」というタイトルにしているわけですが、ウスレレという特別扱いの呼び方にはどこか違和感はありました。

とりあえず古楽器バージョンでは、この厚みをウスレレとは呼ばず、ふつうにウクレレと書こうと思っています。