ツクレレ “作れれ”

パロサントウスレレ第2号 ようやく完成しました。(#^^#)

いい音が出ています。(#^^#)
第一号もいい音でしたが、これもやはりパロサントの音がしています。
潤いのある、透き通った、気持ちのいい音。

第一号パロサントを購入していただいたお客様の声を参考にお読みください。

あわせて読みたい
お客様の声 パロサントウクレレの感想パロサントウクレレ(ウスレレ)をお買い上げいただいたお客様から、感想のはがきをいただきました。(^^)/ 写真のように、手書きウクレレ...
あわせて読みたい
お客様の声 パロサントウスレレの感想 ちょっと追加パロサントウスレレをお買い上げのお客様は、感想をブログに掲載する許可のお問い合わせをしたとき、返信メールにこのように書いてくださいました...

そもそもバロサントとは、インカの聖なる木です。パロサントの煙で悪い霊を退け、聖霊を導き入れるためにシャーマンが使っていたそうです。強力な木で、置いておくだけでもいいんだとか。パロサントの音ももしかして強力な聖なるパワーでしょうか(^^)/。ペルーやエクアドルでは、創造力を高め、幸運を運んでくる木と言われているそうです。小さな木片や小物が市販されてるようですが、一十舎では、大胆にもウクレレの表板にしてしまいました。(*’▽’)

パロサントの緑色は、光に触れることで緑色になるという珍しいものです。日陰に置いておくと色は少し薄れてきますが、明るいところに置いておくとまだ緑が濃くなります。香木で花のような香りがします。穴の中の匂いがかいでみると、いいにおいがします。木目も特徴的です。

パロサントは加工が難しく、通常のウクレレを作るのと比べると、1.5倍くらい手間と時間がかかります。削りにくく、貼り付けに工夫が必要で、反ったり曲がったりしやすいです。それをウクレレにすると、素直で優しい音がするからびっくりします。聖なる音という感じもします。

パロサントの平面がモコモコしたような感じがあるのは、パロサントの板の性質からくるものなので、パロサントの味のひとつとしてご了承ください。

ハンドメイドでこそできるパロサントウスレレが、最高の幸運を運んできますように。(#^^#)